アイディア

2006年9月16日 (土)

食事記録のススメ

当然ながら私は毎日食事記録をつけています。

Photo_1←私が普段食事記録に使うもの

記録する時は、後から見ても分かるようにと、自分なりにルールを決めて記録をするように

しています。

Photo_2 ←食事メモと記録ノート

記録は夕食後に1日分まとめてつけることが多いので、日中は裏の白い広告などを7枚ずつ

(1週間分と言うことで)に閉じて、そこにどんどんその日食べた物を書いていきます。材料・調味料

などなどそのまま全部メモしていくのです。ものすごい走り書き状態なので、時々自分でも解読

するのに苦労することもあります(苦笑)。

ノートは普通のB5のノートに、定規で線を引いて記入します。きちんと記録をつけ始めて2年半

くらいになりますが、ノートの数は(当たり前だが)年々増加。これからも増殖は続く…

Photo_3←記録に使うペン類

基本的には黒のボールペンを使いますが、色ペンや色鉛筆まで動員して記録をつけています。

腎臓用特殊食品(でんぷん米や低たんぱくのパンなど…)は緑色のペン

市販品で成分表の付いている食品(納豆やウインナーなど…)は青色のペン

外食やスーパー等で買ったお惣菜などは橙のペン

などと言ったふうに。深い意味はないが、その方が見た目もカラフルで面白いかなぁ…って

な感じで軽く考えていました。

ところが、食事記録を栄養士さんに見せた時に、指導を受けるポイントが見つけやすいこと

に気が付きました。青色が多いと市販品が多い事が分かります。橙が多い時は外食などが多い訳

で…検査値と照らし合わせればより改善ポイントが見えてきます。

我ながらなかなかいいアイディアではないかと…(プチ自慢)

Photo_4←計算機

毎食ごとや1日の合計を出す時に大活躍します。一応小学生の時にそろばんを習っていたの

ですが、暗算は大の苦手(苦笑)。毎日カタカタたたいてマス。

Photo_5←成分を調べる時に使う成分表など

この他にも、ファーストフードのHPなども利用します。一部スーパーではお惣菜も成分を表示

してくれるようになりました。

それでも分からない時、最後の手段は直接メーカーや飲食店の本部(?)に問い合わせます。

対応はまちまちだけど、親切なところは「あくまで参考ではありますが…」と言いながら調べ

て回答してくれたりもします。

最悪、どうやっても分からない時は、違うメーカー等で同じ様なものがないかを調べてそれを

参考にします。または、似たようなものを参考値として計算。

この記録は、私にとって毎日の日課であり、記録ノートは私の宝物です。

2006年8月 5日 (土)

お勧め!? 病院セット

診察券、保険証、透析手帳…等々

病院に行く時に必要なこれらの物を私は透明のチャック付きのクリアケースに入れて

持ち歩いています。名付けて

「病院セット」

そんな大げさなものでもないですが、これは結構便利(^0 ^)b。

数箇所病院をはしごするにしても、とにかくこのクリアケースを持っていけば一式はいってい

るのだから、あれがないこれがないと慌てることもないのです。

また、病院でもらった領収書や院外処方箋なんかもこのケースに入れておけばどこかに

行ってしまったとこれまた慌てることもないです。

実は、これはのアイディア。私が

「診察券がない!」

とか

「病院からもらった領収書がない!」

とか毎度のように大騒ぎしているのを見かねたようです(苦笑)。

みなさんもちょっと試してみてはいかがでしょうか?