« トレーニング7日目 | トップページ | トレーニング9日目 »

2015年10月13日 (火)

トレーニング8日目

今日は透析のない日ですが、トレーニングはあります

午前中、技師さんと看護師さんと個室でトレーニング

透析室以外にも、1部屋個室に透析機を置いているので、透析室が使えない時でも練習が出来るようになっています

まずは回路の組み立て➡プライミング

最終的な回路の形にはなんとか組み立てられたのですが、ところどころ技師さんのチェックが入ります

「…細かいところなんだけどね…(^_^;)」

と技師さんは言いましたが、やはり大切な事なので、そこはしっかり確認

本来なら、ガスバージも行うのですが、機械の都合で、ガスバージは割愛

一応ガスバージまで終わったとの想定で、穿刺

「今日も刺してみる?」

「あ、やります」

と言うことで穿刺の準備をしていると、

「穿刺ミスの指導はできたんですか?」

「いや正直、一度失敗してくれるとその時の対処を指導できるんだですけどね~(^_^;)」

と言う看護師さんと技師さんの会話が…

「失敗すると痛いですよね…? 痛いのいやです…(^_^;)」

「失敗しない方がいいんだけど、今までの人達は結構失敗をしてたからね~(^_^;)  もりもりさんくらいだよ、こんなに失敗しない人は」

お褒めの言葉をいただきましたが、トレーニング的には失敗した方がいいんですよね…(^_^;)

「あ、でも、今日の某番組の星占い最下位だったんです(^_^;)」

と私、すると技師さんも

「僕も、なんかの占い、大凶でした(^_^;)」

だからって訳じゃないと思いますが…

初めての穿刺ミス

動脈側の血液が引けない‼

「あ、こう言う時です‼」

なるほど‼

「もりもりさんには悪いですけど、正直嬉しいです(^-^)」

技師さん正直だ(笑)

ただ、実は今日刺した位置は、技師さんがお薦め?したところ

嬉しいと言いながらも、

「ちょっとごめんね、うちらだと、このまま針を刺し直すんだけど…ちょっといい?」

と技師さん自ら、ちょっとさぐりを入れ始めました

たまに普通の採血でも血管に上手く入らないと、中でグリグリ探られることありませんか?

…それです

「痛かったら言ってね」

「( ̄▽ ̄;)、ちょっと痛いです…」

「…ゴメン、抜きます」

と言うわけで、抜針して止血

どうやら皮膚と血管の間に針が通ったみたいです

看護師さんの持っていた資料によると、血管は皮膚(表皮)から約2、3mmのところにあるそうで、思ったより深めに刺さないと血管まで到達しないようなのです

「…なんかヘコむわ…orz」

…私より技師さんの方が凹んでる…( ̄▽ ̄;)

「こう言う時は、潔く抜いて、止血、で、再トライ」

一応、3回位までは再トライOkだそうです

ただ、あんまり何回も刺し直すことは血管にもよくないので、3回位が限度だそうです

「ダメだと思ったら、その日は透析中止して、また明日でも全然Ok」

そこは臨機応変に対応していいそうです

ですが、穿刺ミスが何回も続くようなら病院に連絡、受診が必要になるかもしれないそうです

「血管の問題なのか、手技の問題なのか診る必要があるからね」

だそうです

昼食の時間になったので、一旦ここでトレーニングは終了

なんかまだ凹み気味の技師さんは透析室へ戻って行きました

午後は透析のない日なので、お風呂に入ったので結局夕方にちょっとだけ練習

午前中出来なかった穿刺から透析開始まで機械操作と返血時の機械操作を技師さんと確認しました

「じゃあ、明日、透析しながらもう一度確認してみよう(^-^)」

「はい、お願いします」

と言う感じでトレーニングは続くのであります

                   にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
                    にほんブログ村

« トレーニング7日目 | トップページ | トレーニング9日目 »

腎臓」カテゴリの記事

透析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレーニング8日目:

« トレーニング7日目 | トップページ | トレーニング9日目 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ