« 在宅血液透析プロジェクト2 | トップページ | 在宅血液透析プロジェクト4 »

2015年9月18日 (金)

在宅血液透析プロジェクト3

先日、ようやく?山形の病院へ行ってきました


初めての場所なので、父はネットで検索し、プリントアウトした地図、私はタブレット、そして懸賞で当たったナビ…と、完全装備?でいざ出発!!


幸い、道のりもそんなに複雑ではなかったこともあり、高速を使って大体1時間ちょっとで無事到着


総合案内の方に、

「今日、先生と約束して来たのですが…」

というと、連絡がしてあったらしく、すぐに受付に案内してもらうことができました

受付を済ませると、処置室へと案内されました



まずは身長、体重、血圧の測定

血圧は…相変わらず低っ!!

看護師さんにもびっくりされましたが、いつものことなのでそのままスルー

身長は…ん? 縮んでる…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

マジっすか…  il||li _| ̄|○ il||li

軽いショックのまま、看護師さんから事情聴取…じゃなくて、病歴等問診…?

今まで食事療法を行っていたこととか、一通りの状況を説明



そしていざ、先生の診察


大学病院のM先生からは


「在宅に情熱をかけている先生だから、生半可な気持ちじゃ一刀両断されるよ~(>_<)」


なんて(ある意味)脅し?を受けていたので、どんな先生なのかと多少ドキドキしてましたが…


「あ、こんにちは~(´▽`)」

「こんにちは、よろしくお願いします」


「在宅、やりたいんだね、うん、わかったよ(^-^)」



…ん? あれっ?


…ちょっと拍子抜け…(^-^;)



とりあえず、今まで食事療法をしていて週1回透析を約9年していたものの、昨年アクシデントがあって週2回となり、もうそろそろ回数を増やしてもいいのではないかということになり、それなら在宅をしようと考えたことをざっと説明


その説明上、食事療法を指導してくれているI先生、主治医H先生、この病院を紹介してくれたM先生がでてきたのですが、実は在宅を勧めてくれたのがI先生だと話すと


「えっ!! Σ(゚д゚;) I先生が?」


ものすごくびっくりしてました(笑)


「以前、I先生から(食事療法を)指導してもらったことがあってね」


とおっしゃってて、よくご存知な様子


とは言え、在宅をすることには特に問題はないとの事で、GOサインが出ました(^-^)v


「いつまでにやりたいとか、希望はあるの?」


と聞かれ、

「やれるならすぐにでも…(^^;)」


と答えると、


じゃあ、外来に通ってちまちまするより、入院して一気に練習しようか。まあ、2週間もあれば出来るでしょ(^^)


「…2週間!? そ、そんなんで出来るんですか?(^0^;)」


「だって、業界人だし、清潔操作とか大体わかるでしょ?」


「…あ、はい、まあ何とか…」


確かに、一応医療関係者ですけど…(汗)


まあ、何とか頑張りま~す(笑)



で、あれよあれよと話は進み、来月2週間ほど入院して特訓してきます(^-^)v


その前に、技師さんが自宅訪問をして機械の設置場所の確認をするということと、入院までの間にレポートの宿題(教科書を見ながら課題を解く)をすることが決まりました


技師さんの家庭訪問は後日連絡が来るそうなので、そこで日程調整をすることに


とりあえずは、教科書を購入して宿題しなきゃ(^-^;)

                   にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
                    にほんブログ村

« 在宅血液透析プロジェクト2 | トップページ | 在宅血液透析プロジェクト4 »

透析」カテゴリの記事

コメント

すごーい、一気に話が進みましたね。
自己穿刺の特訓、2週間でできちゃうなんてホントびっくりです。


実は自分の診察後もりもりさんにメールを送ったけど・・・

こちらのコメントは非公開に出来るのでメルアド書きますね。
私もソフトバンクからauに変わりました。
min1111@ezweb.ne.jp
090-9121-5146

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在宅血液透析プロジェクト3:

« 在宅血液透析プロジェクト2 | トップページ | 在宅血液透析プロジェクト4 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ