« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年7月

2015年7月25日 (土)

在宅血液透析プロジェクト(クリニック編)

さて、第1回プロジェクト会議から約1週間

透析クリニックの先生(副院長)との面談?となりました

「実は、H先生(主治医)と相談して、透析の回数を増やした方がいいんじゃないかと…」

と、切り出したのですけれど、

「日中3回は仕事に支障があるし…、で、夜間か在宅血液透析ってのがあるみたいなので、それがいいかなぁ…って」

夜間と在宅と言いつつも、在宅血液透析の方を結構プッシュしちゃいました~^^;

すると、

「僕ね、昔…35,6年前かなぁ…、在宅血液透析にちょこっとだけ関わったことがあるんだよ」

え~っ!? 在宅血液透析ってそんなに前からあったの~っ!?

「あんまり昔過ぎて忘れてた(笑)」

ですって……^-^;

副院長:「で、H先生はなんて言ってるの?」

私:「何せ、何にもわからないので、とりあえず調べてみるって。でも、多分私がやると言ったら、反対はしないかと…(笑)」

副院長:「……苦笑」

おっ? これはなかなかの好感触?

副院長:「僕もあんまり昔過ぎてちょっと今がどうなっているのかわからないこともあるので、とりあえず調べてみるけど、急ぐの?」

私:「まあ、回数を増やすならそれと一緒にやったらいいかなぁ…と思いまして…」

副院長:「あぁ、そうだね~」

私:「来週、H先生のところに行くんですけど、先生とちょっと相談してもいいですかね~」

副院長:「来週? じゃあ、それまでにちょっとH先生と連絡とって相談してみるよ。ただ、H先生も忙しいからね~。連絡取れなかったらごめんね ^^;」

おっと、これはなかなか出だし好調…?

帰宅後、早速主治医にメールして、

「副院長から連絡があったらぜひとも在宅をプッシュしてくださいね~」

って、選挙運動みたいなこと書いておきました(笑)

さてさて、このまますんなり在宅血液透析までいけるかな? (淡い期待!!)

                   にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
                    にほんブログ村

2015年7月15日 (水)

第1回在宅透析プロジェクト会議

さて、プロジェクトを立ち上げたものの、まず最初に何をすればよいのか…


そういえば、「在宅をすると決めた」とメールを送っていた主治医とM先生から返事がきていたんだったっけ…

で、メールを確認してみると、

主治医

「状況、了解です、云々」


M先生

「直接話した方がいいでしょう、云々」




と言うことで、M先生と会って話をすることに。

メールで返事を送ってから約1週間後、第1回プロジェクト会議(笑)

参加メンバーは、私、父、M先生

M先生

「正直、僕も在宅血液透析をやったことがないので、詳しいことまではわからないんだ…(苦笑)」


……おいおい……(^-^;)

まあ、まだ全国でも500人ちょっとくらいしかやっていないとかで(しかも、大体は関東や関東から西の地域)、東北はまだまだ未開の土地

その数字を聞いて、

「在宅って、まだそんなもんなんですか?? もっとメジャーだと思ってた」

と父。

でもM先生はにこにこしながら、

「でも僕はずっと言ってたでしょ、もりもりさんが、宮城第一号になるって ^^」

結局、先生の言うとおりになりそうですけど…

実はそんな未開の土地、東北でも、山形(秋田も?)では数人が在宅血液透析をしているそうで、

私が在宅をやることができれば、東北で10人目くらいになるとか

東北はまだまだこれからなんですね~^^;

それからいろいろ話をしたのですが、

実際、在宅をするにしてもすぐにできるわけではないので、それまでの間の透析をどうするのかも考えておかなければならない

確かに、これ大事!!

そこで、

今、透析を受けているクリニックが在宅血液透析についてどう考えているかをまずは確認しないといけない

という事で、全員一致

ここで、第1回プロジェクト会議は終了

さ~て、クリニックはどういう反応を示すんでしょうかね~、ドキドキ ^^;

                   にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
                    にほんブログ村

2015年7月10日 (金)

在宅血液透析プロジェクト始動

現在週2回の血液透析中の私

以前から「在宅血液透析」に興味がありまして…


とはいっても、私の周辺で在宅血液透析をしている人はなく…


それに、在宅でと言うともっぱら「腹膜透析」の方がメジャーで、私も在宅で血液透析が出来ると知ったのはこの2、3年のコト


ちょうど在宅血液透析の存在を知った頃、たまたま地元の大学病院に入院中だった私


すると、ある先生(M先生)から 「もりもりさん、在宅血液透析してみない?」 ってお誘い?を受けた事があったんです


その先生は大学病院で主に腹膜透析を担当している先生なのですが、いずれは在宅血液透析もやりたいと考えていたらしく、声をかけて下さった訳です

「やってみたいです(^-^)/!!」


とは言ったものの、その時はまだあまり状況も逼迫していなかった事もあり、その話は自然消滅……



で、今はどうかと言うと、


逼迫してます、かなり(笑)‼



やはり、無尿で週2回と言うのは少々無理があると…

血液検査のデータはそう悪くないのですが、やはり問題は 「水分管理」



もちろん、DWの5%以内で修まるようにしていますが、3時間余りで2kg近い水分を体から一気に抜く訳ですからね~(➡小学生並みの体型なもので(苦笑))

週3回に増やすにしても、今のクリニックでは日中しか透析を行っていないので、さすがにそれでは仕事にもかなり支障が……


やっぱり夜間透析をしているクリニックとを探すしかないのかなぁ…って考えていた訳です



そこで、1日に吉祥寺に行って来た時に先生にちょっと相談したんです

すると、

「実は、在宅血液透析を勧めようと思っていたんだよ(^-^)/」 と、おっしゃってくださりました



で、決めました‼




                                 「在宅血液透析始めます‼」

早速、主治医とM先生とにメールしました(2人ともメル友(笑))

主治医は、


「了解です」


とは言うものの、多分内心は


「やれやれ…(^。^;)」


な~んて思っているんだろうけど…(笑)

と言う訳で、私、

                               在宅血液透析プロジェクト



を立ち上げました‼ (宣言しちゃったからもう戻れないよ(笑))



これからブログでも状況をお知らせしたいと思います(^-^)v

p>

                   にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
                    にほんブログ村

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ