« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

もりもりの料理教室70

クリスマスは終わっちゃいましたが…


どうにかクリスマス前に自宅に帰ってきたので、クリスマスは自宅で過ごすことが出来ました。

そんな訳で、今年も作りました。



              『クリスマスケーキ』


                    20121224

《栄養成分》 直径12㎝ 1個分

       ・ エネルギー;720Kcal

       ・ たんぱく質;7.12g

       ・ ナトリウム(食塩相当量);335㎎(0.85g)


今回のポイントはイチゴのサンタですかね~^^

テレビでやっていたのを真似てみました♪♪

ちなみに、中にはクリームやイチゴははさんでいません。

中に挟まない分、上にど~んと飾りをしてみました。

…どっちがいいのかなぁ…

ちなみに、両親の分も別に作っています。

と言う訳で、今年も2個作りました(^ ^)v

                    220121224 左が両親の分

2012年12月23日 (日)

ただいま

ご報告が遅くなりましたが、


金曜日に、無事退院して参りました(^-^)v


現在は、自宅療法しております。


いやいや、ハプニングはあったものの、何とか検査も無事に終わりましたし、よかったよかった(^-^)


やっぱり、家はいいねぇ~(笑)


今年中にやらなきゃいけないこと、まだまだいっぱいある~っっ!!


ゆっくり静養…とはいかない…みたいです(>_<)


2012年12月19日 (水)

事件の真相…

内視鏡検査から約1週間になります。

傷の具合もいいようです。

相変わらず、大きな口を開けるとまだ痛いですけど…(^_^;)


先週の、「徐水なしって言ったのに徐水された事件」ですが…

昨日の透析の時に、蒸し返して聞いてみたところ、どうも、透析室のスタッフ間での意志疎通の行き違い、ということが原因と判明。

医学的にどうとかっていうことではなかったみたいでした。

早い話がポチャミス。

人間、誰しもミスはありますが、ポチャミスだったとは…(>_<)

なので、今回は、しっかりと「徐水はしないでください!!」と、スタッフさんにも注意してもらいました。

幸い、私の腎臓さんは、今まで通りの働きをしてくれています。

いやいや…よかった…(T-T)

ちなみに、昨日も透析室には私1人…

患者よりスタッフの方が多い、超VIPな対応の透析でした(笑)

TVも好きなように見られたし、入れ替わりスタッフさんが話し相手になってくれたので、3時間、あっという間に終わっちゃいましたヽ(´▽`)/

聞いたところでは、大学病院の透析室(血液浄化部)は、基本的に月、水、金曜日が透析で、火、木曜日は臨時の透析やその他の治療(血漿交換とか)に当てているそうで、比較的暇らしいです。


とりあえず、今週末には退院予定なので、大学病院での透析は今回で終了。

事件も無事解決したので、とりあえず一安心です(^-^)v

2012年12月14日 (金)

終了しました(^^)v

とりあえず、無事、終わりました(^-^)v


昨日はICUに1泊してきましたが、念のためためってことなので、特にこれといって何かあるわけではなく…(^_^;)


ICUではほぼ、麻酔のせいもあって、ほとんどぼ~っとしていました。

今までにないくらいよく寝たなぁ…(笑)


思っていたほど痛みもなく、痛み止めの薬も使うことなく過ごしておりました。

色んな管がついていたことが少々不便ではありましたが、それ以外はさほど苦もなく過ごしてきました。

おしっこも何とか出ていたようですし、とりあえず一安心。


今朝から食事も出ましたが、ミキサー食という、どろどろの食事…(^_^;)

見た目はあまり美味しそうじゃない…

食べてみると、そう不味いものではないんですけど、見た目の悪さとどろどろになっていることで量が増えているので、結局そんなに量は食べられず…(^_^;)


昼過ぎには病室に帰ってきました。


まだ、点滴と酸素量を計る機械がついているのが邪魔…(>_<)

とりあえず、しっかり組織も取れたようなので、これで状態がはっきりわかるといいなあ…

2012年12月12日 (水)

今日、透析で、徐水なしって言ったのに、徐水されていました。

開始した頃に来た女医さんが指示していったようです。


量は100ということで、返血分だと言うのですが、


量の問題じゃないんです(怒)(怒)(怒)!!


やらないって言ったのに勝手にされたことに腹が立つんです(怒)(怒)(怒)!!


技師さんや看護師さんはものすごく良い人たちなのに、ものすごくがっかりです…

徐水が終わるまで気が付かなかった自分にも(怒)(怒)(怒)!!


腎臓に影響がないことを祈るばかりです…

2012年12月11日 (火)

入院2日目

入院して2日目です。


お隣の人は手術。斜めの人は午前中のうちに退院。向かいにはおばさんが今日入院してきました。


私は午前中透析。

透析室に行ったら、患者は私だけ…。

超VIPな透析でした(笑)

その途中、看護大学の実習生が来ていました。

透析しているのは私しかいないので、案の定、学生さんの勉強の為に一肌脱いだのであります(…そんな大げさな…(^_^;))


学生さんが私のシャントを触ったり、聴診器で音を聞いたりしていきました。


透析が終わって、帰って来てから昼食だったのですが、そこで、事件勃発(笑)

薬の関係で(一応)グレープフルーツ禁なのですが、がっつりグレープフルーツが出てきたんですね~( ̄▽ ̄;)


…おいおいおい…(^_^;)


黙って食べちゃってもよかっんだけど…(苦笑)

そこはきちんと栄養科に連絡。


30分くらいして、栄養士さんがきました。キウイを持って。

どうやら、グレープフルーツの代わりみたいです(^_^;)

昼食も食べ終えた後だったので、おやつとして食べました(^-^)


今日の事件?は以上でした(笑)


明日は何が起こるかな(爆)

2012年12月10日 (月)

再び…

突然ですが、本日より、再び大学病院に捕獲となりました。


さすがに、今回は個室とはいかなかった…(^_^;)


2匹目のどじょうとはいかないか(笑)


とりあえず、明日、明後日と透析をして、木曜日に内視鏡検査をします(^^)v

2012年12月 3日 (月)

もりもりの料理教室69

夕方、思い立って「でんぷんパン」を作成。

しかも、ホームベーカリーと、オーブンとの2パターン

ホームベーカリーは、福島のでんぷんままさんに教えてもらったレシピ。

オーブンで焼くタイプは、みっちさんのブログ(http://min1111.cocolog-nifty.com/blog/)を参考に。


ちなみに、材料はどちらも同じ


   《材料》
      ・ でんぷんパンミックス  1袋(320g)

      ・ ドライイースト  3g

      ・ 植物油  大さじ1(13g)

      ・ 卵 40g

      ・ お湯(40℃くらい) 220mL



 《ホームベーカリーでの作り方》

① (ホームベーカリーの機種にもよりますが…)我が家の場合は、
        パンミックス → ドライイースト → 卵 → お湯 → 植物油
 の順でベーカリーのケースに入れました。ちなみに、イーストはパンミックスの中央に少しくぼみを付けてその中に入れ、卵やお湯は、イーストにかからないようにパンケースの回りについた粉を洗うように入れました。

② ホームベーカリーの早焼きコースで焼くだけ。


 ※ ホームベーカリーが材料をこねている途中で、竹串を使ってケースの回りに着いた粉を 

  落としてあげるのがきれいに焼くポイントです。

見た感じは比較的良いし、外もカリっとして美味しいのですが、中がちょっと詰まった感じで、ふんわり感にやや欠ける…

そこで、後からでんぷんままさんにアドバイスを頂いたのですが、我が家の場合は、卵とお湯、油をすべて混ぜてから粉入れてあげるのが良いみたい。

ホームベーカリーのメーカーや気温などによって微妙に作り方にも違いがでてくるので、これが絶対!!と言えないのが、でんぷんパンの難しいところ…



…奥が深い…



 《オーブンで焼く作り方》

① ホームベーカリーで焼いた時と同じ順番でボウルに材料を入れました。

② 菜ばしで同じ方向にしっかりと混ぜます。粉っぽさがなくなって、粘りが出てくるまで根気
 よく混ぜました。

 みっちさんのブログでは、生地がボウルからはがれるようになっていたようなのですが、私の場合は、そのような気配がなかったので、とりあえず、よ~く混ぜて粘ってきたところで混ぜ終了

③ 電子レンジの発酵機能を活用して、40℃で60分の一次発酵。

④ 型に4等分して、15分ほどベンチタイム。

  ちなみに、使用した型は、直径約10㎝、深さ約6㎝の ふた付のシリコン容器。
   
             20121203_2 →確か、本におまけ(?)でついてきた。


⑤ 電子レンジの発酵機能を再び活用して、40℃で60分の二次発酵。

⑥ 190℃に予熱したオーブンで20分ほど焼いて出来上がり。

             20121203 →焼きあがり     

              220121203  →切り口はこんな感じ


外はこんがり、中はふんわりのパンが出来ました!!

予想以上の出来でした!!

家族にも試食してもらいましたが、かなりの好評価!!

これを継続して作れるようにまたチャレンジ!!

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ