« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

もりもりの料理教室67

さて、遅くなりましたが、今回は、先日私が食べた でんぷん米の炊飯を紹介したいと思います。

 P1070581_8《材料》

   ・ でんぷん米 40g

   ・ もち粉 5g

   ・ トレハロース 5g

   ・ 水 80mL

                   

《作り方》

① ボウルにでんぷん米、もち粉、トレハロースを入れ、泡だて器で軽く混ぜます。

② 水を加えよく混ぜます。 

                   P1070583

③ しばらく(最低30分くらい)放置。

                   P1070586_3

④ 全体的にとろ~っとした感じになり、でんぷん米1粒1粒にもち粉やトレハロースがからみついているような状態になったら、泡だて器でもう一度よく混ぜてから炊飯器にセットします。

P1070582_2 混ぜる直前  P1070587釜にセットする直前

⑤ 普通に炊飯します。普通炊飯でOK.機種にもよりますが、約40~50分で炊きあがります。

              P1070591 我が家の炊飯器では約50分でした。

⑥ 出来上がり。炊きあがったら、軽く混ぜておけば、保温もOK

P1070592 炊きあがり直後  P1070594 完成!!

今回使用したでんぷん米は「ジンゾウ先生のでんぷん米0.1」です。他のでんぷん米でも、手順としてはほぼ同じです。

もち粉は基本、でんぷん米の1割(でんぷん米100gなら10g)加えるとよいと思いますが、私は1.2割(100gなら12g)位にしても良いかと思ってます。よりもちっとした感じになるので、でんぷん米のぷちぷち感が苦手という方にはお勧めです。

水もでんぷん米の2倍を基本として、硬めが良ければ少し減らし、軟らかめが良ければさらにプラスするのが良いかと思います。

ちなみに、トレハロースは、なくても大丈夫だと思いますが、あるとより臭いがきにならないかと思います。

今回の分量は、1食としては少ない量だとは思いますが、食べる量には個人差がありますので、自分の食べる量に合わせて、分量なども参考にしていただければと思います。

2012年5月20日 (日)

スイーツ男子

職場でのヒトコマ。

主に、土日手伝ってくれる大学院生さん達です。

                                                  スイーツ男子

みんなでスイーツ食べてマス。

「今日も一仕事終わった~」って感じのくつろぎの時間ってとこでしょうかね~(^-^)

ひじょ〜に優秀な人達なので、頼もしいかぎりです。

写真については、とりあえず、本人達の了承は取ってマス。

みんなには、

「偉くなって有名になってね〜」

って言ってます。

だって、そうなれば、

「あの××君は、うちでバイトしていた時、私が(一応)指導していたんだよ〜」

って自慢出来るでしょ(笑)

…そんな訳で、みんな頑張ってよ〜(^O^)/

2012年5月19日 (土)

ヘルシーフードショー2012

東京まで行って来ました!!

今年は浅草に会場が移動しましたが、とりあえず、迷うことなく会場に行けました。

途中、何やら人だかり…と思ったら、おみこしが!!

                                                         ヘルシーフードショー2012

昨日、今日、明日と浅草三社祭だそうで…

そういえば、仙台でも今日、明日と「仙台青葉まつり」やってます。

…それはそうと、フードショーですが、予想はしていたものの、やはり結構な混み具合でした。

ちょくちょく勉強会等に顔を出すようにしていたら、いくつかのメーカーさんともお知り合いになることができまして、今回もそのメーカーさん達といろいろお話することが出来ました。

ちなみに、いつもひじょ〜に好意にして下さっている「グンプン」さんでは、新発売の冷凍麺をがっつり試食させていただきました。サンプルもいただきまして、ありがとうございます(^-^)

それから、バイオテックジャパンては、「やまちゃん」とこの度ブログ担当になった「今井さん」にお会いしました。いっぱい話ができて、情報収集がっつりさせていただきました。

そうそう、今井さん、なかなかのイケメンさんですよ(^-^)  もし、お会い出来るチャンスがあったら、ぜひ(笑)。

そんなこんなで、他のメーカーさんともいろいろ話込んでいたら、予定していた帰りの新幹線に乗り遅れました(笑)。

…こんなオチになるとは…(笑)

2012年5月18日 (金)

やっと私も…

食事療法を初めて約10年…

私もようやく、でんぷん米を白米として食べられるようになりました!!

                                                       やっと私も…

食事療法を始めた当初、でんぷん米を食べたら、「食感」と「臭い」で即挫折…

それ以来、他のでんぷん製品を使って食事療法を続けてきたのですが…

数年前位から、もう一度リベンジとばかりに、でんぷん米にもチャレンジし始めたのであります。

…とは言え、最初の頃のトラウマ?はなかなか克服出来ず…

何とか炒飯等の味付けご飯でなら食べられるようにまではなりました。

それが、この1年あまり、勉強会等で美味しく炊ける方法を勉強したこともあって、ようやく克服出来たのであります!

仕事の都合で、夕飯の時間が少々遅いので、夕飯に関しては少ない量ではありますが、これで朝・夕とほぼ確実にでんぷん製品を使うので、(今更ながら)よりでんぷん製品の比率がアップしたわけです。

次回、炊き方もご紹介出来れば…と思います。

2012年5月16日 (水)

もりもりの料理教室66

  先程食べた朝ご飯の炒飯です。   

                                                          もりもりの料理教室

今日はいつもの

     「ジンゾウ先生のでんぷん米0.1」

てはなく、

     「でんぷん米げんたくん」

にしてみました。

(たまたま、サンプルでもらっていた小袋があったので…)

作り方は、いつもの通り。

「げんたくん」をたっぷりの水に一晩浸けた後、さっと洗ってから、具材と一緒に炒めます。

ちなみに、今日の具材は、人参、たまねぎ、冷凍コーン。味付けは(今流行りの)塩麹とだしの素。動物性の食材を入れていないのは、この炒飯の他に、ヨーグルトを食べたから。

なので、もちろん、動物性の食材をいれるともっと味も美味しくなる(…ハズ)。

作ってみての個人的感想ですが、

①ジンゾウ先生のでんぷん米より臭みもない(感じ)ので、より食べやすいかも…?

②げんたくんは、炒めているうちにべたつきはじめてしまい、ジンゾウ先生のでんぷん米に比べるとぱらぱらになりにくい…?

味付けにムラが出ないように炒めることが美味しく食べるポイントですが、げんたくんの方がその点ではちょっとコツがいるかも…

ちなみに、水に浸けておいたでんぷん米は、水をきったら、そのまま冷凍できます。

次に使う時は、解凍してから炒めてもらえば、OK。数回分まとめて、準備しておくと、ラクです。

私の、メニューに困った時の、お助け料理です。

2012年5月10日 (木)

つぶやいた~

気が付けば、1ヶ月以上更新していなかったんですね…

…反省…

最近(…といっても今年に入ってからなので、結構前…??)、

Twitter

とか

Face book

なるものを始めてみた(というか、始めさせられた??)のですが、

ブログさえ満足に使えていない私が、『つぶやいた~』とか、

使いこなせる訳もなく…(汗)

どなたか、使い方、教えて下さい(笑)!!

とりあえず、もう少しブログをこまめに更新するようにしたいと思いマス…

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ