« おたがいさま | トップページ | 衝撃!! »

2010年9月24日 (金)

一難去ってまた一難

またまた歯医者の話…

舌の奥の潰瘍切除に始まり、親知らずを抜き、やれやれと思っていたら…


またまた勃発(笑)!!


最初に潰瘍を切除した舌の更に奥のところに何やらぼこぼこしたものが…


親知らずを抜いた頃からなんか気になりだしたので、先生に聞いてみると、


「…う〜ん…、何とも言い難いけど、固いから取った方がいいと思う」


疑わしきは罰する


だそうです。特に固いものは怪しいので(癌だったりすることもあるとか…)、切除することになりました。


一度、潰瘍切除を経験しているので、そんなに緊張することもなく…。


…とは言え、相変わらず痛いです(泣)。


何が痛いって、まず麻酔の注射。最初の関門です(笑)。


切除自体は麻酔のおかげで痛くないのですが、なにせ舌の奥なので、助手の先生が舌を指で摘んでぐいぐい引っ張る訳です。


(舌がちぎれるぅ〜)


と内心思ってしまうくらいの引っ張りで、終わった後もじんじんしてます。


そのうち、麻酔が切れて、切除部分も痛くなってくることでしょう…。


切除部分を見せてもらいましたが、小豆大くらいの塊をがっつり取っていました。


万が一を考えて、少し大きめに切除したそうです。


切除部分は検査に回すそうです。


…やれやれ、これで最後にしたいものです。

« おたがいさま | トップページ | 衝撃!! »

大学病院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おたがいさま | トップページ | 衝撃!! »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ