« 一難去ってまた一難…② | トップページ | 一難去ってまた一難…④ »

2009年10月28日 (水)

一難去ってまた一難…③

もぞもぞと起きた父。

「…どうした??」

「…お腹…痛い…

痛いながらもとりあえず状況を話していると、隣で寝ていた母も起きてきました。

「…どうしたの?」

「お腹痛いんだって」(←父)

「救急車よぶ?」(←母)

「…いや、そこまではいい… とりあえずYクリ(←透析の病院)に電話してっ!!」(←私)

今思うと我ながら、冷静に(?)指示を出したものだなぁ…なんて、自画自賛??

それはさておき、父が、急いで透析のクリニックに電話をかけると、病棟の当直だった副看護婦長さんが出てくれました。

で、お腹の状態をどうにか説明すると

「…今、先生もいないし、うちでは対応しきれそうにないから、市立病院の救急に行きなさい。『Yクリで行くように言われた』って言って。」

そこで、すぐに支度をして市立病院へとむかった訳であります。

…もっと引っ張ってつづく…

« 一難去ってまた一難…② | トップページ | 一難去ってまた一難…④ »

腎臓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一難去ってまた一難…② | トップページ | 一難去ってまた一難…④ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ