« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

We Love 競馬!!

日曜日(28日)、職場の大先輩Aさんと後輩のSちゃんと3人で、福島競馬に行きました。

朝早くから競馬場は沢山の人。すると、Aさんが、「さすがに今日は見慣れない人が多いね。」と言ってました。宝塚記念があるという事で、私達みたいに初めて競馬場に来たと言う人も結構いたみたいです。

とりあえず、3人分の指定席をAさんが購入。で、指定席を購入した人は、手の甲にスタンプを押されます。見た目は何もないように見えるのですが、(多分)紫外線かなんかに当てると押したスタンプが見えるようになってるみたいで、不正入場防止の工夫なんですねぇ〜。ハイテクだわ

ちなみに指定席は建物内で、冷暖房完備なので、超快適。自由席も一部屋外みたいですが、基本的には建物内なんだそうです。席自体はクイズ番組の解答席みたいな感じで小さいモニターもついていて、ボタンを押して画面を切り替えることで同時開催の他の競馬場のレースなんかも見られるようになっています。今回は福島のの他に札幌と阪神競馬でもレースがありました。ちなみに宝塚記念は

阪神競馬場10R」。

Aさんに教えてもらって生まれて初めて馬券購入。福島競馬1R。

初心者だし…と言う事で、Aさんは「ながし」という買い方をオススメしてきました。軸になる馬(もしくは枠)を1つ決めて相手としてきそうな馬(枠)を選びます。軸と相手が1、2着に来れば的中。ですから、確実にきそうな馬を軸として、相手にもしかしたら…と思うような馬を何頭か選べばそれなりに的中する確率がup…するかも?

そんな訳で、11の馬を軸として、6、8、16の馬を選択。最初なので、それぞれ100円ずつ購入。

すると…

これがなぁ〜んと的中〜っ!!

We Love<br />
 競馬!!

馬連11-16

キターッ!!

…配当金520円。まぁ初心者としては上々の滑り出しじゃない?

その後は福島競馬を中心に札幌とか阪神をちょこちょこと地味〜に購入。

とは言っても、人生そんなに甘くない訳で…その後はさっぱり当たらない。選ぶ馬は大体あっているのですが、2、3着だったり買い方のせいで当たりにならなかったり…

そして、あっという間に「宝塚記念」に。競馬場に来る途中で買った競馬新聞(←これも人生初)をじ〜っくり見ながら賭ける馬を選択。とはいえ、初心者の私には絞りきれない…

そこで、馬連ながし、枠連ながし、ボックスの3パターンで購入。これならどれかはひっかかてくれるかなぁ…

…すると…

これまた的中〜っ!!

We Love<br />
 競馬!!

枠連5-6

ボックスで買った枠連が的中!!

…配当金1080円。

とりあえず的中したのでおっけぃでしょう。

その後も最後までちまちまと購入し続け、今回の競馬は終了〜。

最終結果は…

馬券購入金額:総額5900円。

配当金:2180円。

3720円のマイナス

結果はどうあれ、結構楽しかった〜。 さすがに高額の賭けは出来ないけど、地味〜に賭ける位なら時々やってみたい感じ(笑)。

でもギャンブルで運を使い果たさないようにしなきゃ(笑)

2009年6月24日 (水)

祝!? 20周年!!

SLE発症(←と言うか、診断がついた(?))からちょうど20年目になる今年。

人生の5/8(←細かいっ)はSLEと共に過ごしてきました。

…ながいねぇ…

忘れもしない(?)、20年前の今日(6月24日)、母に連れられて病院に入院したんですわ。

確か土曜日です(←…よく覚えていたなぁ(苦笑))。天気もあまりよくなかったと思います。

実際、SLEだと分かったのは、その前日の金曜日(23日)。皮膚科の先生が見つけてくれました。私の命の恩人のおじいちゃん先生です。

発症したと思われる時期はもう少し前みたいですが、なかなか病気が発見されませんでした。

アトピー性皮膚炎」と言われ、あちこちの皮膚科を渡り歩いていた小学生時代。評判を聞いてはあっちの皮膚科、こっちの皮膚科…と市内のありとあらゆる皮膚科にかかっていました。

そして、たどり着いたのがこの命の恩人でもあるおじいちゃん先生。実はアトピー治療でとても有名な名医だとか…。

たまたま、母の友人(←実はこの人も膠原病でずっと治療をしていたそうです)がそのおじいちゃん先生に診てもらっているとの事で、紹介してもらい、私も診てもらうようになったんです。

さすが名医(笑)!!

アトピー(だと思う)の方も徐々によくなってきたんです。

お〜よかったよかったと思ったのもつかの間…

SLEがみつかっちゃったのねぇ〜…

今思えばもしかしたら…??とも思うのですが、「うわっ!!」と思う、運動会の時の写真があります。

多分6年生じゃないかなぁと思うのですが、私のほっぺただけ、ものすごい色をしているんです。まっかっかと言うよりどす黒いあまりきれいじゃない赤色。ペンで塗ったかのようにはっきりくっきりとほっぺた全体が赤い…。

周囲からも「りんごほっぺ病」じゃないかとか色々言われたんですよ

それから入院までのあまり詳しい経緯は覚えてないのですが、多分、その運動会の後から体調が悪くなってきたんじゃないかと…

私はあまり覚えていませんが、風邪だと思って、母が近所の内科に連れて行ったりしていたようです。近所の内科では「風邪」と言うことで、風邪薬を出され、熱さましの注射を打たれて帰って来ていたとのこと。

とは言え、全然回復する様子もなく、逆にどんどん状態が悪くなっているように感じた母(←私は覚えてないけど…)。

で、たまたま(?)おじいちゃん先生の皮膚科受診の日が来たので、体調が悪い私を引きずるようにして(?)連れて行ったみたいです。

おじいちゃん先生は、私の顔を見るなり、ピンと来たみたいです。

母が今までの経緯を話すと、すぐに血液検査と尿検査をするように手配してくれたそうです。

急いで結果をだしてもらったところ、おじいちゃん先生の思った通り

SLE

だったとか。

ということで、まだ小学生だった私は(一応)小児科へ。検査結果をみるとかなり重症だったとか。本来なら即入院だそうですが、入院の準備などもあるので、いったん、帰宅して、月曜日に入院で良いと言う話になったそうです。

ただし、帰宅してからもし何かあったらいつでもいいから連絡するようにと(小児科の)先生のご自宅の電話番号を教えられたそうで、その日はそのまま帰宅しました。

で、その日(金曜日)の夜、案の定(?)高熱を出した私。

教えられていた電話番号に電話をすると、先生は、明日(土曜日)に入院する支度をして来るようにと言ったそうです。

そんなこんなで、24日(土曜日)に入院となった訳です。

…ちなみに、この間、父はどうしていたんだ?? と思って母に聞いてみたら、一応、私の状態の事は話をしていたようですが、仕事が忙しくて、母に任せていたみたいです。

とは言っても、私が入院してからはほぼ毎日会社の帰りに病院に来てくれましたし、影ではいろいろ病気の事を調べたりしていたようです。

…と言うことで、こうやって私とSLEとの付き合いが始まった訳です。

2009年6月16日 (火)

ぐったり( ´△`)アァ-⑤

まだまだ引っ張る足ネタ(笑)。

金曜日(12日)に打った抗生剤のせいかかなりのお腹の下りように、こりゃダメだと思って、土曜日(13日)は午前中そうそうに病院へ。

ま、お腹の事は注射のときに話せばいいかと思って、受付では

「注射お願いしま~す」

とだけ一声。待合室で待ってると、5分くらいで診察室に呼ばれました。

今回は、2人いるうちの、メガネをかけているほうの先生です。一番最初に診てもらって、「足がすれたかなんかしてばい菌でも入ったんじゃないか」と言った先生です。

「あの…、お腹が…」

「あ? 下痢?」

「…ハイ、てきめんに…

「じゃあ、ダメだね、抗生剤戻すか。前のヤツは大丈夫だったでしょ?」

「…そう…ですね、大丈夫でした」

という事で、抗生剤はもとに戻すことになりました。で、とりあえず、下痢止めの薬ももらうことに。もちろん、この日も注射はしっかりと、打たれて帰って来ました。

で、その後も日、月曜日と注射を打ちに病院へ。

そんでもって、今日(16日)もやっぱり注射を打つこととなり(←透析終了直後にラインから注入)、結局1週間抗生剤の注射を打たれることとなりました。

この1週間ばかり、病院では看護婦のみなさまにとても心配していただき、ちょっとした有名人(?)となった私…(笑)。

ま、でも足の腫れもなくなったし、赤みも気持ち赤い(←そう思って見てしまうから…??)…かなぁくらいで、落ち着きました。

…思わぬところでこんなことになるとは…

2009年6月15日 (月)

祝!? 4周年!! 

本日6月15日は、

    透析開始4周年

でございます。

お~、めでたい、めでたい(笑)。

先日、ちょっとしたアクシデントはあったものの、今のところ、順調に(?)、週1回の透析を維持しております。

一応、最初の目標は

  週1回透析、5年維持

なので、80%はクリアしたわけです。とりあえずは、来年の6月15日まで、週1回を維持することを目標にしようと思ってます。

…小さなことからこつこつと…

ん? 誰かもこんなこと言ってたなぁ(笑)。

来週は、ちょうどSLE発症(…と言うか診断のついた)記念の日(?)だし(笑)、私にとって6月って結構思い入れの強い月です。

こっそり(?)お祝いでもしようかな(爆)。

2009年6月14日 (日)

ぐったり( ´△`)アァ-④

いやぁ、足の話でずい分引っ張ってますけど…

今回の足といい、今までにも、右腕ひじから指先までぱんぱんに腫れたり、右足も腫れたことがあったし、何かと腫れること多いみたいです…

その話はおいおい…

で、今回の足の方ですが、熱は木曜日のうちに落ち着きまして、とりあえず安心。

とは言え、腫れの方はまだ結構赤みもあるし、歩いたり、椅子に座ってたり…と下にしてるとじんじん痛くなってくるんです…

とりあえず、夕方まで様子を見て、痛みがひどかったら病院に行こうと思って日中はずっとごろごろ…

夕方になってもやっぱりちょっと痛みがひどいので、病院へ行くことに。

とりあえず受け付けで、まだ足が痛いんで来たと言うと、カードを渡され、処置室へ行くように言われました。カードには、処置の内容が書いてあります。

例えば、「採血」とか、「注射『×××』(←薬の名前)」とか。処置室に入った時に確認の意味もあって看護婦さんにそのカードを渡すようになってます。

処置室に入って看護婦さんにカードを渡して、簡易ベッドに横になっていると、今日は2人いる先生のうちのひょろ長い細い先生のほう(笑)が来ました。

私的にはこっちの先生の方が、診断とか的確な気がするとひそかに思っているのですが…

看護婦さんが経緯を話してから、先生が私の足を見て、

「もりもりさん、どこかに足ぶつけなかった?」

と聞いてきました。

「…ぶつけた記憶は無いです…」

すると、右足をじーっと見ながら指で押していきます。

「う…い、痛いです…

先生の話では、ちょっとぶつけただけであっても、骨の膜、つまり骨膜に炎症が起こることがあるそうで、どうも、ただ赤いだけでなく、うっすら内出血しているようにも見えると言うのです。

「骨膜炎だと思うよ。ちょと抗生剤変えてみるから」

と言うことで、抗生剤が変更に…。で、明日(土曜日)も注射に来るよう言われました。

…こりゃ1週間ぐらい注射が続くかな??

と思いつつ自宅へ。

…すると、夜になり突如としてお腹が下りはじめたんです。

…ま~じぃ~でぇ~

こりゃ抗生剤のせいだ…、ホント、踏んだり蹴ったりだわ…

2009年6月13日 (土)

ぐったり( ´△`)アァ-③

次の日(木曜日)、朝起きて熱を測ってみると

37.7度

あ、まだ熱あるなぁ…(‐ ‐;)

という訳で、また病院へ。木曜日は外来診察が休みなので、透析患者用の出入口から中に入ります。

病棟のナースステーションに来るように言われていたので、行ってみると…

あれ?誰もいないんですけど…(‐ ‐;)

そもそも病棟自体、人のいる気配がしない…

しばらくナースステーションの前で待っていましたが、誰も来ない…。で、さてどうしようかと思っていたら、エレベーターホールの方から何か音が聞こえる!少々痛い足を引きずり(←そんなに大袈裟でもないけど…)行ってみると、

いた〜っ!!(←心の声)

看護婦さん発見(笑)!!

看護婦さんも気がついてくれて、

「…まだ熱あったんだぁ」

と、とても心配してくれました(←そう思いたい(笑))

で、回復室と言う部屋のベッドに横になり、とりあえず熱を測ってみたら、

37.3度

あ、熱下がってる…(^ ^)

とは言え、体も火照っている感じ(←看護婦さんが触ってみて)なので、抗生剤の注射は予定通り。

相変わらずぶっとい注射でゆっくり抗生剤を注入(笑)。

「気をつけて帰ってね~

と言うことで自宅へと戻りました。

2009年6月12日 (金)

ぐったり( ´△`)アァ-②

とりあえず熱は下がりました。

よかった、よかった(^ ^)

さて、熱を出した水曜日、万が一のことを考えて、患者さんも少なくなっているであろう夕方に病院へ。

受付にて、

「もりもりさん、どうしました?」

「何か熱があるんですよ。それと、関係あるか分からないけど、左足のすねが腫れてるんです」

「じゃあ一応熱測ってください」

体温計を渡されて測ってみたら…

…げっ、38.2度…(‐ ‐;)

どんどん熱が上がってる!

診察室に呼ばれて先生の最初の言葉が、

「随分熱があるね〜」

「なんか火曜日の午後ぐらいから足が…」

とりあえずの経緯を説明。火曜日の透析の際にした血液検査では特に異常はなかったようなので、透析が終わった途端にぶわっと発症したみたいです。

「その熱もこれ(←左足)のせいだと思うよ」

とりあえずインフルエンザじゃないんだ。その点ではよかった…

「じゃあちょっと血液取って白血球調べてみるね。それと、抗生剤の注射するから」

処置室に移ると、看護婦さんが注射を持ってきました。それを見た時、内心

(…注射、太いんですけど…(‐ ‐;))

そう思いながら簡易ベッドに寝ていざ、注射開始!

液が入ると結構痛い(>_<)

抗生剤の種類によっては痛みを感じるものがあるとその看護婦さんが言っていましたが、多分ゆっくりとはいえ、注射で入れてるから痛いんじゃないかと…(‐ ‐;) なんか、血管がヒリヒリする感じ。注射が終わった後もしばらく痛かったです。

数分後、血液検査の結果が出ました。やっぱり白血球上昇。そこで、抗生剤の飲み薬を出されました。

「明日も熱があったら病院に来て」

との先生からの指示も。目安は37.5度以上だそうです。

で、薬をもらって帰宅しました。

2009年6月11日 (木)

ぐったり( ´△`)アァ-

久しぶりに38度もの熱出しちゃいました

風邪とかインフルエンザではないみたいです。

じゃあ原因は…?

みたいです。

火曜日の午後くらいに気がついたのですが、左足のすねが赤く腫れてる…(‐ ‐;) 何だろうなぁと思いながらそのまま様子を見ていたら、どんどん足が痛くなってきました。

水曜日、足は痛かったけど、そのまま仕事に行ったんです。でも結局、何か体調悪いんで、早退させてもらいました。

足も痛いし、何だか熱っぽい感じ…(‐ ‐;) とりあえずと思って熱を測ってみたら…

37.1度

うーん…(‐ ‐;) 熱があるって高さじゃない感じ…普段から比較的平熱は高い人なので、このくらいなら許容範囲かなぁ…

そう思いながらごろごろしていましたが、とりあえずと思ってもう一度熱を測ったら…

37.7度

あれ?熱上がってるし…(‐ ‐;) こりゃまずいかなぁと思い、透析のクリニックへ。

…疲れてきたので、今日はこの辺で(_ _)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ