« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月19日 (水)

バケツで稲作り⑧

今回は、玄米で食べてみようということで、早速、次の日(11月9日)に試食?? 実食?? してみました。

ちなみに、今回の収穫量

  • コシヒカリ(玄米):50g
  • 日本晴(玄米):46g

せいぜい1人分の茶碗1杯になるか…ってくらいです。

そんな訳で、いくら何でもこのままでは家の炊飯器では無理。

かといって、せっかくのお米なので、他の米と混ぜて食べるのも…

そこに、なんとも便利な物があったんですねぇ。

P1070273 →電子レンジでご飯が炊ける代物です

これを使えば少しの米でもそのまま炊ける!!

…という訳で、コシヒカリ・日本晴それぞれ個別で炊いてみることにしました。

玄米なので、浸水時間はかなり長め。夕食に食べようと思い、朝からじっくりと浸水させることにしました。

炊き上がった玄米はそれぞれ、母と半分こで食べました(ちなみに、この時、父は大腸ポリープ切除のため入院中。食べることは出来ませんでした)。

20081109 おにぎりにしてみました

丸型おにぎりは「日本晴」、俵型は「コシヒカリ」、そして、三角おにぎりはスーパーで購入した「ひとめぼれ」の新米です。コシヒカリ・日本晴とも何か少しぽろぽろしていて、おにぎりを作るのはちょっと苦労しましたが、何とか形になりました。

しっかり浸水させたので、コシヒカリも日本晴も軟らかく炊けました。どれもおいしかったぁ~

どちらかといえば、コシヒカリの方が味が濃い感じがしました。

また、来年もリベンジで作ってみたい(→もう少し収穫量を増やしたい)なぁ…と思いつつ、今年の稲作は全て終了となりました

2008年11月15日 (土)

バケツで稲作り⑦

さて、乾燥がやっと終わり、いよいよ「脱穀」です。

まずは「日本晴」から。量が少ないですし、農家でもないので、機械が使える訳もなく…

マニュアルに書いてあった、ペットボトルと割り箸を使っての脱穀を行いました。

まずは、もみのついた稲をより分ける作業から。

P1070243 実際にはこのくらいになります。

これを、ペットボトルにいれ、穂の元を割り箸ではさんで引き上げるとペットボトルの中にもみだけが残るのです。一度には無理なので、数回に分けて行います。

その他に茶碗を使ったり、牛乳パックを使ったり、いろんな方法があるようです。

続いて、「コシヒカリ」。

P1070246 コシヒカリはこのくらいを脱穀

先ほどの「日本晴」と同じ要領で行った結果は…

P1070248 右(紐がついている方)が「日本晴」、左が「コシヒカリ」です

ま、初めての稲作ですから、収穫はこんなもんでしょうかね…(…少ないかな??)

続いて、「もみすり(玄米にする)」です。

マニュアルでは、すり鉢と軟式野球ボールを使う方法が書いてあったのですが、我が家には「軟式野球ボール」なんてないっ!!

…どうしようかと考えた結果、すり鉢とすりこぎで普通にすってみることにしました。

あまり力を込めてすってしまうと、米が米粉になっちゃうので、その辺はやさしく、やさしく…

なんとか、この方法でももみは取れました。少しすってはふうふう吹いて、もみがらを飛ばします。地道な作業です…

最終的にはこんな感じで、日本晴・コシヒカリとも玄米になりました。

P10702491日本晴(左)とコシヒカリ(右)の玄米

さて、この次に「精米(白米にする)」作業があるのですが、ただでさえ少ない米なので、今回はこのまま玄米で食べてみることにしました(…本当は精米作業が面倒だったのですけどね…)。

2008年11月14日 (金)

バケツで稲作り⑥

ずいぶんとご報告していませんでしたが…

もうすでに、稲刈りも終え、乾燥→脱穀→精米も終え、挙句の果てには、すでに試食(?)…というか実食(?)してしまいました

…そんな訳で、その辺の様子をご紹介。

まずは稲刈り。

10月18日にまずは「コシヒカリ」を刈り取りしました。

P1070172 刈り取った稲を干しました

そんでもって、10月23日に「日本晴」を収穫。

P1070192 手前が日本晴

刈り取りの終わったプランターはなんともさびしいものです

P1070193 刈り取りの終わったプランター

10日ほど干して乾燥させたら脱穀をするとのことです(→マニュアルより)。

量も少ないし、1週間ほどで乾くものと思っていたのですが、途中、突然の通り雨に当たってしまい、結局10日どころか2週間近く干すことになってしまった訳で…

…次回につづく

2008年11月13日 (木)

もりもりの料理教室43

大分寒くなってきました。

寒くなると食べる回数がぐんと増えるのが、でん粉小麦粉で作るホワイトソースのクリーム系の料理。

そんな訳で、今年初の「マカロニグラタン」を作ってみました。

        「マカロニグラタン」

《材料》

ホワイトソース

  • でん粉小麦粉 10g220080927
  • マーガリン 10g
  • 減塩チキンコンソメ 1g
  • 生クリーム 20mL
  • 水 200mLくらい

具材

  • グンプンマカロニ 50g
  • 玉ねぎ 20g
  • 鶏肉(もも) 20g
  • マッシュルーム 7g
  • マーガリン(炒め用) 5g
  • 食塩 0.2g
  • こしょう(黒) 少々

《栄養成分》

  • エネルギー:470Kcal
  • たんぱく質:4.8g
  • ナトリウム(食塩相当量):292㎎(0.8g)

 ※あくまで目安なので、必ず自分で計算して下さい!!

《作り方》

①グンプンマカロニは熱湯で表示よりやや短めの時間ゆでます。茹で上がったらぬめりを取るため水あらいし、水気を切っておきます。

②ボウルにでん粉小麦粉、マーガリンを入れてレンジにかけます(500Wで約1分弱)。

③マーガリンが溶けたら小麦粉となじませるようによく混ぜ、分量の生クリームと水を少しずつ入れます。

④コンソメも入れてよく混ぜたらそのまま500Wで2分くらいレンジにかけます。途中一度混ぜるとよいです。

⑤フライパンに炒め用マーガリンを溶かし、鶏肉と玉ねぎを炒めます。

⑥鶏肉に火が通り、玉ねぎもしんなりしてきたら、塩・こしょうをふり、①のマカロニを加えてさっと火を通します。

⑦グラタン皿にマーガリン(分量外)を薄くひき、⑥を入れ、平らにならします。

⑧④のホワイトソースを⑦の上にかけ、パン粉・粉チーズをかけたらオーブントースターで表面に焦げ目がつくまで焼きます。

 ※ ソースの濃度は水の分量で調節できるので、好みにあわせて調節して下さい。

 ※オーブンでも焼けますが、各家庭のオーブンによって温度や時間は違うので、確認して焼いて下さいね。

《感想》

あつあつのグラタンは寒くなると食べたくなる一品です。ホワイトソースは冷凍も可能ですから、多めに作って冷凍しておくのも良いかと思います。

私の場合、マカロニをパンやご飯に変えてパングラタンやドリアにすることも多くて、これからの時期はかなりの頻度で食べています。味のバリエーションはいくらでもアレンジ可能かと思うので、アイディアがあったらぜひ教えて下さい

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ