« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月26日 (水)

もりもりの料理教室33

では、早速作り方。

準備:粉類(でんぷん小麦粉、ベーキングパウダー)をあわせてふるっておきます。

   オーブンを170℃に温めます。

   型に紙をひくか、バター(分量外)を薄くひき、小麦粉(分量外)をふります。

①卵を卵黄と卵白に分けます。卵白は少し大きめのボウルに入れて下さい。

②卵黄に分量の砂糖の1/3くらいを入れてよく混ぜて、全体に白っぽくもったとしてくるまで泡だて器でよく混ぜます。最初は黄色だった卵黄がクリーム色っぽくなってきますので、そこまでしっかり混ぜて下さい。

③クリーム色っぽくなってきたら、サラダ油を少しずつ加えながらさらによく混ぜます。混ぜ終わったら、そのまま置いてて下さい。

④次に、卵白を角が立つくらいまで泡立てます。ハンドミキサーがあると便利です。最初は低速で卵白をほぐすように混ぜます。白く泡立ってきたら高速にし、空気を沢山含ませるように混ぜます。

⑤大分卵白が泡立ってきたら、残りの砂糖を2、3回に分けて加え、さらによく泡立てます。

ここでしっかり泡立てないとスポンジのふくらみが悪くなるので、しっかり根気強く泡立てて下さい。

⑥卵黄のボウルに分量の水を加え、ふるっておいた粉を加えます。泡だて器でよく混ぜて下さい。このとき、泡だて器ですくってみて、ぼたっと塊で落ちるようなら生地が固いので、分量外の水を少しずつ加えて少し生地を緩めます。もったりとした感じの固さが目安です。

⑦泡立てた卵白の1/3くらいを⑥のボウルに加え、泡だて器で混ぜます。卵白が少し残るくらいまで混ぜて下さい。

⑧さらに卵白の1/3くらいを加えて、今度はゴムベラで下からすくいあげるように混ぜます。このとき左手でボウルをくるくる回すとうまく混ざります。ただ、ここでは完全に混ざりきらなくていいです。

⑨⑧を今度は卵白のボウルに移して、全体をゴムベラでさきほどの要領で混ぜます。できるだけここで卵白の泡をつぶさないようにするとスポンジがよく膨らみます。

⑩型に生地を流し、表面をならします。

⑪温めておいたオーブンで25~30分焼きます。焼き具合はオーブンの種類などによって異なるので、様子を見ながら調節して下さい。

⑫焼きあがったら、型から外し、網などにのせて冷まします。

420071223 320071223焼き上がり

⑬ボウルに生クリームに砂糖をいれ、底に氷水などをあてて冷やしながら泡立てます。

⑭いちごはへたをとり、飾り用として3粒は半分きり、残りは4等分くらいに切ります。

⑮スポンジを2枚に切り、切り口にシロップをぬります。320071223

⑯生クリームをひき、4等分にしたいちごを並べ、さらに生クリームをひき、

スポンジを重ねます。

⑰残りの生クリームで好きなようにデコレーションして下さい。

※シロップ:砂糖5g+水15gをレンジにかけ、砂糖をよく溶かします。これをはけなどでスポンジ生地に塗っていきます。

《解説》

お菓子作りをよくする人ならお気づきでしょうが、この作り方はシフォンケーキの作り方をまねています。多少手間ですが、今のところ、この作り方のほうがよくスポンジも膨らむし、出来上がりもきれいにできているので、私としてはこちらの方がお勧めです。ただ、なかなか、手間なので、もう少し簡単に作れるといいのですがね…(^。^;)

2007年12月24日 (月)

もりもりの料理教室32

今回は結構傑作なものが出来た…かな(^-^)

        『クリスマスケーキ』

《材料》(直径12㎝の型1個分)

スポンジ生地

  • でんぷん小麦粉 30g
  • ベーキングパウダー 3g220071223
  • 卵 1個(50g)
  • 砂糖 20g
  • サラダ油 5g
  • 水 大さじ1(15g)

デコレーション

  • 生クリーム 130g
  • 砂糖20g
  • いちご 75g

《栄養成分》(飾りのお菓子は含まれていません)

  • エネルギー:994Kcal
  • たんぱく質:9g
  • ナトリウム(食塩相当量):310㎎(0.8g)

 ※あくまで目安です!!

《感想》

詳しい作り方は次回お伝えしたいと思います。

毎年、誕生日やクリスマスのケーキは自分で作っていますが、毎回試行錯誤です(^-^;)

スポンジ生地をうまく膨らませるのに結構苦労してます(汗)。

ですが、今回はなかなか自分でもいい感じに出来上がりました。

クリスマスなのになんで牛のゼリー菓子がのっているのかって?

…特に意味ないです(苦笑)。のっけてみたかったんです(汗)。

2007年12月18日 (火)

あいたた…その2

風邪を引いて約2週間…

とりあえず、ほぼ症状は落ち着いたものの…

咳が時々ものすごい勢いで出るのは、まだ治りきっていないのでしょうか…?

とは言うものの、だらだらと薬を飲むのもちょっと心配だし…

でも、今までも、風邪を引くと結構咳だけだらだら続くこともあったので、今回もそうなのかなぁなんて思ったりもして…

うーん…、どうしたものか…(‐.‐;)

職場や自宅では一応、マスク着用。

顔半分くらいすっぽり(笑)。おかげで(?)ちょこっとくらい化粧をサボっても分からない(笑)。

そんな感じなので、ここ数日、結構化粧、サボってます(^‐^;)」”。

とりあえず、この冬はこれで行こうかと…(汗)。

今週、透析で血液検査があるので、その結果がどうなのか、風邪薬の影響が出ていないといいのですが…

2007年12月10日 (月)

あいたた…

やってしまいました…

風邪を引いてしまいました(泣)。

先週の月曜日に行ったTM NETWOREKのライブでもらってきてしまったようです…

次の日、透析だったので、先生にお願いして風邪薬をもらいました。

20071209 ←ホグス顆粒(1日2回服用)

これを飲んで早く治そうと思っていたのですが、水曜日、木曜日と日がたつにつれてどうもよくなるどころかひどくなっている…?

火曜日の段階では痰が喉にからむ程度だったのが、痰のからむ咳と腹痛少々…。

…これはもう一度病院にいったほうがいいかな?

そう思い、金曜日にもう一度病院へ。

受付を済ませすと、熱を測るようにいわれて渡されたのがなんと水銀の体温計。小さい頃はよく使っていましたが、最近は電子体温計が多くてあまり見かけませんでしたが、まだ健在なんですね(笑)。

脇に挟んで待つこと5分。熱はありませんでした。

その後、診察室に。

先生に症状を話すと、

「今、子供の嘔吐・下痢の風邪が流行っているから、それかもね」

だそうです。…「子供の」と付くところが微妙な感じなのですが…私は子供??

結局、透析も週1回という事で、少なめに薬を出してもらいました。

5020071209 20071209_2 20071209_3 20071209_4

左から、「クラリス錠50小児用(抗生物質)」、「クロフェドリンS(咳止め)」、「ヨウキサミミン(抗炎症)」、「ラックビーR(整腸剤)」をそれぞれ1日2回服用。

3日ほどたちますが、未だ、咳はおさまらず…。時々げほげほ。明日(11日)の透析時にもう一度診てもらうことにします。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ