« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月14日 (月)

目はすごい

白内障の手術から、ほぼ4ヶ月経ちました。

おかげで、以前より断然物がクリアーに見えます。

一番びっくりしたのが、「」の色がものすっごく鮮やかなに映ることです。

透析の際など、最初のうちは自分の血の色を見て、かなり驚きました。

手術前はもっとどす黒いと言うか、もっとくすんだ赤でした。

長いこと白内障で曇った目で物を見ていたので、それが普通だと思っていたのですが、

手術によってその曇りがなくなったので、ものすごくはっきりと見えるのです。

たとえて言うなら、

「今までは曇りガラスだったのが、普通のガラスになった」

って感じでしょうか。

ただ、よいことばかりではないです。両目とも「人工レンズ」なので、

「ピント調節が出来ない!!」

かなり面倒くさいです(苦笑)。

なにせ、人工レンズはある一定の距離にしかピントが合わないので、その距離より近くても遠くてもピンボケする訳でして…

そんな訳で、近距離用と遠距離用と2つのメガネを作りました。

仕事や自宅での物書きの際には近距離用のメガネを、(最近はあまり運転していませんが)自動車の運転用には遠距離用のメガネを、と使い分ける訳です。

でも、どちらのメガネも、ピントは一定なので、その距離以外ではピンボケしています。

つまりは、

近距離用のメガネで数m先(遠くのもの)を見ると…ぼや~

遠距離用のメガネで手元を見ると…ぼや~

裸眼であれば近くも遠くも…ぼや~

…ホント、不便な(苦笑)。

外を歩く時は、近距離用ではぼやけるし、遠距離用では足元ゆがむし…、ってな訳で、メガネなしです。

ただ、それで困るのが、「買い物」時。

商品パッケージに書いてある栄養成分などを見る時は近距離用のメガネが必要になのです。裸眼では文字がぼんやりなので。

こういう状況になると、つくづく「人間の目」ってすごいなぁって思いますね。

まあ、私の場合はステロイドが原因なので、仕方ないってところはありますが…

医学が進歩して、身体機能の一部を機械で代替できるようにはなりました。

もちろん「人工透析」もそのひとつです。

昔に比べると、その性能はずいぶんと向上していますが、やはり100%代替することは無理なのですね。

…やっぱり、自分の体は大切にしないと…

2007年5月 5日 (土)

もりもりの料理教室(超番外編3)

引き続きGW特別企画(?)。今回もお菓子です。

      『シュークリーム』

《材料》

シュー生地(出来上がり直径6㎝のシュー7個分)

  • でんぷん小麦粉 35g
  • 無塩マーガリン 30g
  • 卵 1個(58g)
  • ベーキングパウダー 0.5g
  • 砂糖 0.5g
  • 食塩 0.1g
  • 水 50cc
  • (飾り用)粉糖 0.7g

ホイップクリーム220070503

  • 生クリーム 80cc
  • 砂糖 15g

カスタードクリーム

  • 卵黄 1個分(18g)220070503_3
  • でんぷん小麦粉 5g
  • 砂糖 20g
  • 牛乳 60cc
  • ホイップクリーム 35g

《栄養成分》(全体として220070503_2)

  • エネルギー:1015Kcal
  • たんぱく質:13.4g
  • ナトリウム(食塩相当量):226㎎(0.6g)

カスタードシュークリーム(1個) 220070503_1

  • エネルギー:161Kcal
  • たんぱく質:2.6g
  • ナトリウム(食塩相当量):24㎎(0.06g)

生シュークリーム(1個)

  • エネルギー:130Kcal
  • たんぱく質:1.3g
  • ナトリウム(食塩相当量):29㎎(0.08g)

ツインシュークリーム(カスタード&生クリーム)(1個)

  • エネルギー:145Kcal
  • たんぱく質:1.9g
  • ナトリウム(食塩相当量):33㎎(0.09g)

 注意:あくまで目安なので、各自きちんと計算して下さい!!

《作り方》

準備:オーブンを200度に温めておく。

    でんぷん小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

①鍋にマーガリンと水を入れて火にかける。

②マーガリンが溶けて沸騰してきたらふるっておいた粉類と砂糖、食塩を加えて混ぜる。

③焦がさないように注意しながらなべ底に薄く膜が張るくらいまでよく混ぜる。

④火からおろして、溶きほぐした卵を少しずつ加える度によく混ぜていく。

⑤しゃもじですくった時にぽてっと落ちるくらいの硬さになったら、水でぬらしたスプーンで丸く整形してオーブンシートを敷いた天板に並べる。

⑥霧吹きをかけ、200度のオーブンで20~25分焼き、表面に薄く焼き色がついたらそのまま180度に温度を下げて5分ほど焼く。

⑦網などにのせて冷ましておく。

⑧カスタードクリームを作るので、ボウルに卵黄、でんぷん小麦粉を入れてよく混ぜる。

⑨鍋に牛乳と砂糖を入れ火にかけ、沸騰直前まで温める。

⑩⑧のボウルに⑨を少しずつかき混ぜながら加える。

⑪⑩をこし器でこしながら⑨の鍋に戻し入れる。

⑫⑪の鍋を火にかけ、焦がさないように注意しながらとろみが出るまでよく混ぜる。

⑬つやっぽくなるまでよく混ぜたら、火からおろし、バットなどに広げ、あら熱が取れたらラップをぴっちりとして冷蔵庫で冷やす。

⑭ホイップクリームを作るため、生クリームと砂糖を氷水にあてたボールで泡立てる。

⑮⑬が冷えたら、⑭のホイップクリームを15gを加えてよく混ぜる。

⑯シュー皮に切り込みをいれ、それぞれのクリームをつめて上に粉糖をかけて完成。

《感想》

ちょっと膨らみはイマイチ(?)ですが、味の方は家族にも試食してもらいましたが、上々でした。シュークリームははどうしても1、2個単位で作るのは難しいと思うので、余ったシュークリームは冷凍して「アイスシュークリーム」にしてみてはどうでしょうか? 

2007年5月 2日 (水)

もりもりの料理教室(超番外編2)

さて、GWスペシャル(笑)企画、第2回目は、お菓子です。

        『クッキーいろいろ』

《材料》(28個分)

  • 卵黄 1個(17g)
  • でんぷん小麦粉 100g
  • 無塩マーガリン 60g220070430
  • 砂糖 30g
  • グンプンチョコレート 4枚(20g)
  • 紛糖 0.5g
  • イチゴジャム 10g
  • ママレード 10g
  • ブルーベリージャム 10g
  • 強力粉(→打粉用) 少々

《栄養成分》(全体として)

  • エネルギー:1175Kcal
  • たんぱく質:3.6g
  • ナトリウム(食塩相当量):36.7㎎(0.1g)

ツリークッキー(チョコレート)(→1枚分)

  • エネルギー:45Kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • ナトリウム(食塩相当量):1.3㎎(0.004g)

ツリークッキー(シュガー)(→1枚分)

  • エネルギー:36Kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • ナトリウム(食塩相当量):0.9㎎(0.003g)

チョコクッキー(→1枚分)

  • エネルギー:50Kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • ナトリウム(食塩相当量):1.5㎎(0.004g)

ジャムクッキー(イチゴジャム)(→1枚分)

  • エネルギー:41Kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • ナトリウム(食塩相当量):1.3㎎(0.004g)

ジャムクッキー(ママレード)(→1枚分)

  • エネルギー:41Kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • ナトリウム(食塩相当量):1.8㎎(0.005g)

ジャムクッキー(ブルーベリージャム)(→1枚分)

  • エネルギー:41Kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • ナトリウム(食塩相当量):1.7㎎(0.005g)

 注意:あくまで目安なので、各自きちんと計算して下さい!!

《作り方》

準備:マーガリンは室温に戻しておく。

    オーブンを170度に温めておく。

    でんぷん小麦粉をふるっておく。

①室温に戻したマーガリンに砂糖を加えて、泡立て器で白っぽくなるまでよくすり混ぜる。

②卵黄を加えてさらによく混ぜる。

③ふるっておいたでんぷん小麦粉を加えて、ゴムベラで混ぜ、ひとまとめにする。

④生地を2等分してそれぞれをラップに包み冷蔵庫で1時間程度休ませる。

⑤打粉を振るった台の上に④の生地を置いて麺棒で、片方はツリークッキー用に約7㎜の厚さに、もう片方はジャムクッキー用に3~4㎜の厚さに生地を伸ばす。

⑥クッキー型(ツリー型)で7㎜に伸ばした方の生地を型抜きする。余った生地はひとまとめにして麺棒で伸ばし、同じ要領で生地を抜いていく。

⑦3~4㎜に伸ばした方の生地は丸い型で32個くりぬく。余った生地はひとまとめにして麺棒で伸ばし、同じ要領で生地をくりぬく。

⑧⑦でくり抜いた生地の半分はさらに小さい丸い型で中心をくり抜く。

⑨丸くくり抜いた生地と中央をくり抜いた生地を重ねる。全部で16個になる。

⑩オーブンで15~20分、焼き、網にのせて冷ます。

⑪グンプンチョコレートは手で小さく割って、耐熱容器(→ボウルなど)に入れて湯煎にかけ溶かしておく。

⑫冷めたクッキーにジャム やチョコレート、紛糖をコーティングして完成。

 ※マーガリンを室温に戻しておく時間がない時はレンジで30~40秒チンするとやわらかくなります。あまりかけすぎると解けて液体状になってしまうので注意!

《感想》

ちょっともそもそした感じになってしまったかなー(^-^;)

少々崩れやすいようなので、取り扱い注意です(苦笑)。

型の大きさなどによってくり抜ける数などは変わってくるので、その辺は皆さんで調節してみて下さい。

たまには自分で作るお菓子もいいですよ。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ