« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月27日 (水)

ピーンチ!

我が家のPCがピンチです(泣)。

ディスプレイの調子がおかしくなりました。画面を見ていると映像が縦にびよ~んと伸びたと同時に一瞬だが真っ暗になるのです。

つい2,3日前からこんな状態です。おかげで、こちらはいつ画面が真っ暗になって消えてしまわないかとヒヤヒヤものです(^-^:)。

父とも、お正月の初売りにでもディスプレイを買おうかという話をしています。

あと数日、どうにかもってもらいたいものですが…

2006年12月22日 (金)

早くこいこい…?

…時間が足りない…(T-T :)

今年も残り10日あまりとなりました。

毎年のようにこのくらいの時期は何かとばたばたしています。

年賀状に、部屋の大掃除におせちの準備に…

我ながら学習能力がないというか…分かっているのに、毎年毎年この時期にばたばたと気持ちだけ焦って(?)います。

年賀状に関しては、ここ数年、パソコンを利用し始めました。学生時代は表裏すべて手書きで書いていたのですが、さすがに社会人になってからはそんな余裕もなく…ちょっと手抜き(?)し始めたわけで…(^-^:)>>表の宛名書きはちゃんと(?)手書きしていますが、そんな文明の利器を利用しながら、毎年大晦日ぎりぎりで(下手をすると年が明けてから)出している私…(苦笑)。

来週には本格的におせち料理の準備もしなければ…。ここ数年、食事記録をつけるようになってからは、おせちも材料から調味料から分量をきちんと量って作っています。市販品を利用するにしても、極力栄養成分の表示してある物を購入するようにしています。

最近は、デパートなどのおせち料理を頼む家庭も多いようです。我が家は…と言うと、毎年、一度は購入するかどうか話題にはなりますが、結局は、私の「値段高いし、何か、しょっぱそう」の一言で不採用になっています。

あさってはクリスマスイヴ。クリスチャンじゃないけど、我が家でもささやかなクリスマスパーティーをします。…と言っても、ちょっと食事が豪華になって、ケーキを食べるくらいだけど(笑)。

皆様もよいクリスマスを0(^0^)0。

2006年12月15日 (金)

もりもりの料理教室15

多分これは何か(TVか本か)で見たものを低たんぱくバージョンにしたもの。

    『カレー風味のケチャップライス』

《材料(1人分)》220061116

  • でんぷん米 50g
  • 人参 10g
  • ピーマン 10g
  • 玉ねぎ 20g
  • じゃがいも 20g
  • カレー粉 2g
  • トマトケチャップ 20g
  • だしわりしょうゆ 小さじ1/2(3g)
  • 油 10g
  • 塩・こしょう 少々

《栄養成分》

  • エネルギー:332Kcal
  • たんぱく質:1.3g
  • ナトリウム(食塩相当量):287㎎(0.7g)

 ※ あくまで目安なので、各自きちんと計算して下さい!!

《作り方》

①でんぷん米を指示通りに炊いておく。

②人参、ピーマン、玉ねぎをみじん切り、じゃがいもは5ミリ角くらいに切っておく。

③カレー粉、ケチャップ、だしわりしょうゆをあわせておく。

④フライパンに油を熱し、②を炒める。

⑤①のでんぷん米を加え、ぱらぱらになるように炒めていく。

⑥軽く塩・こしょうをふり、③を加えまんべんなく混ぜながら炒める。

 ※ カレー粉の量は好みで調節して下さい。

 ※ 具材は冷蔵庫にあるもの何でも利用可能。あまりものでぜひお試しあれ。

《感想》

でんぷん米はあらかじめ炊いておいたものを冷凍しておいて、解凍したものを使うとよりぱらぱらになりやすいようです。

私の場合は、200gくらいのでんぷん米を半日くらい水につけておいて、それを鍋でゆでます。

水から沸騰させて約5分もゆでればOK。後は水気をよくきって4等分にして冷凍庫にストック

しています。主に炒飯など炒めご飯に利用すると簡単にぱらぱらご飯になるので、ものすご

く料理が上手になったような感じがしていい気分ですよ(笑)。

2006年12月11日 (月)

どおなってるのぉ!?

…全く…

これだから大学病院は厄介です。

…と言うか、大学病院に限ったことではないかもしれないが、あちらこちらの診療科に通院していると、何かと面倒くさい事が多いです。

事の発端は、もう3年ほど前のことなのですが、11月のある日、私の右腕がひじから指先まで真っ赤になってパンパンに腫れた事がありました。1ヶ月近く入院して抗生剤を点滴で10日ほど打った事でどうにか良くなりました。もし点滴でも状況が良くなければ手術をするという話であったので、手術にまでいたらなくてよかったとほっとしていました。

…が、そこからがまた大変だったのです。手の腫れの原因は、どこからかの感染が手の関節にでもひっかかって炎症を起こしたのであろうということで、どこからどう感染を起こしたのかを調べることになったのでした。

真っ先に目をつけられたのが、「泌尿器系」・「扁桃腺」・「歯」。

結局、色々調べてはみたが、これら3箇所は「シロ(であろう)」(この言い方がまた嫌な言い方なのだが…)となりました。

実は、このとき歯を調べてもらった大学病院(腎臓等で通っている大学病院と同じ大学なのですが、「歯学部付属病院」として、建物が別にあり、診察券等も別にある」)で、

「上の親知らずの歯がちょこっとだけしか顔を出していないので、抜いた方がいいですね」

と言う話が出ました。

と言うのも、このちょこっとしか顔をだしていない親知らずが虫歯にでもなろうものなら、腎臓に対してとても悪影響を及ぼすので、腎臓のためには抜いた方がいいと言うことなのです。この当時はまだ透析前の結構厳しい状態の時だったこともあって、そういう話になったようでした。ただ、腎臓の状況もあり、この時は抜かずに、状態が安定したらということでその時はそこで話は終わったのです。

…前置きが長くなりましたが、ここからが今回の本題。

透析も開始し、腎臓の状態は随分落ち着きました。そんな訳で、歯学部の先生や主治医に親知らずの話を聞いてみました。…すると

「抜いた方が良い」

「痛くないのなら何も無理して抜くことはないのではないか」

と両方の意見が出てきたのです。

おいおいおい…”d(・ ・:)b”

以前はあんなに「抜け! 抜け!」って騒いでいた先生が何だかトーンダウンしたり、同じ歯学部でも別の先生は「抜いた方がいい」って言ったり…

どっちなんだよぉ~っ!!(怒)

…そんな訳で、この話はまだ、棚上げ状態です。

無理して抜かないでもいいのなら抜かないつもりですが(痛いの嫌だし(笑))…

…全く、面倒くさい話しな訳で…

2006年12月 2日 (土)

ただいま仕事中

おいおいおい…

こんなことしてていいのかなぁ(笑)。

今、私は職場でこのブログを書いています。

まぁ、休憩時間が終わったばっかりののんびりしている時間帯だからいいかなぁ…って思うのですが、これから、夜の6時まで仕事です。

今日、今からはそんなに忙しくないので、のんびりと言うか、だら~っとしています(苦笑)。

こののんびり加減は私の体には優しい(笑)。

毎日フルタイムでバリバリ働く友達をうらやましく思ったこともありました。

でも、今はこんな感じでのんびり働くのもいいかなぁと思っています。

こんな体じゃなきゃこんなにのんびり働くなんてできなかったかも…

では、そろそろ仕事に戻りますか(笑)。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ