« ブーム到来! | トップページ | リンクのお知らせ »

2006年8月14日 (月)

本日、外来日

私は現在、2ヵ所の大学病院に通院しています。

ひとつは地元の大学病院。ここには高校生の頃からなので、

かれこれ10年以上お世話になっています。

もうひとつは、3年ほど前から通い始めた大学病院で、そこにいる先生にどうしても診てもら

いたくて、自分から手紙と検査データを送りました。もちろん地元の大学病院の先生にも許可は

もらってのことです。

ちなみに今日は地元の大学病院。

向こうの大学病院や、透析の病院でここ何回か指摘されていたことを聞いてみました。

それはCaPのこと。

何か気になる高さなのだそうです(イマイチはっきりしないけど)。

今日の血液検査でPTH(副甲状腺ホルモン)を調べたそうなので

(診察の時はまだ結果は出ていませんでした)、それを診て策を考えることになりました。

Caに関して、先生の話では、基本的に透析をしている人は血清Caが低くなることが

多く、そのため、PTHが多く出て、血清Caを上げようとするそうです。その時のCa源は骨のCa。

そのため、骨がもろくなりやすいのだそうです。

ただ、私の場合、透析の病院などでも時々測定していますが、PTHは透析患者にしては低め

らしいです。

一度、血清Caがあがるようなその他の病気がないかどうか調べてみる必要がある…

かもしれないらしいです。

Pに関しては、透析患者はどうしても排泄機能が低下しているため上昇しやすい

だそうす。高い状態が長く続くと関節などに石灰化の恐れがあるので、出来るだけ、あがら

ないように注意する必要があるとか。

とりあえずは検査結果が出ないことには始まらないのですが、また、先生は頭を抱えて悩むことに

なりそうです。

どうも私にはあまり『一般に』と言う概念は当てはまらない事が多く、しょっちゅう先生は

悩みます。

でも、人間の体なんてそう画一的なものでもないし、『一般に』なんて当てはまらなく

たっていいのさっ(←負け惜しみ…?)

この次は2週間後。さて、どうなることやら…

« ブーム到来! | トップページ | リンクのお知らせ »

大学病院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブーム到来! | トップページ | リンクのお知らせ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ