トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月27日 (土)

大学病院ってメンドクサイ

金曜日の出来事なのですが…

私は大学病院の眼科に行って来ました。

白内障の状態のチェックとドライアイの目薬をもらうためです。

いつものように受付をしてまずは視力測定などの簡単な検査。

瞳孔を開く目薬をつけて待つことしばし…診察室に呼ばれて中へ。

挨拶もそこそこに先生が私に聞いてきました。

先生:「こちらの眼科には何でかかってましたか?」

私:「…はい?」

訳が分からずにぽかんとする私…

私:「白内障ドライアイですけど…」

先生:「そうですよね」

そう言いながらも先生はカルテをぱらぱらめくりながら首をかしげています。

先生:「まあ、とにかく診てみましょう」

診察はものの数分で終了。この先生、ちゃんと診察してくれたの?って感じでしたが…

先生:「前回の先生がどうしてここの外来に予約を入れたのか分からないんですよね」

そればっかり繰り返している先生にちょっとキレそうになりながら

私:「何か、今度から外来のシステムが変わるからっては言われましたけど…」

先生:「いやね、今日の外来は『メディカル網膜』と言って、

網膜専門の外来なんですよ」

私:「…はぁ…」

先生:「今、診ても網膜は何ともないんですよ」

そんな事言われたって私が予約したわけじゃないし(怒)、

よっぽど言ってやろうかとも思ったケド…

先生:「次回からは『ドライアイ外来』に来て下さい」

次回の予約をして帰ってきたものの、何かちょっとやな感じ。

『ボクは専門外だから分からないんです』

ってことが大学病院には普通にあるから、いくつかの科にかかると曜日の都合がつかず、

結局、週に3回も4回も病院に来ることだって珍しいことじゃないです。

まるで、病院に通勤してるみたい(笑)

…でも、これだからホント大学病院ってメンドクサイ

2006年5月25日 (木)

晴れた空、そよぐ風

晴れてるなぁ…

今日1日外は抜けるような青空。日焼け止めぬらなきゃ焼けちゃいます。

この時期の紫外線は肌は黒くならないかわりに奥まで浸透して

10年、20年後にシミ、そばかす、しわ、たるみ

になって現れてくるとか…

SLEが発病して以来、

「直射日光には当たってはいけません!!」

ってうるさく言われてきました。病気を悪化させるからです。

でも最近は、病気だからっていうことだけじゃなく、

年齢的にもヤバイ…〈(- -;)》

一応、まだ、若いつもり(?)だけど、じわりじわりときてるんですよね…

最近は昔ほど直射日光に敏感ではなくなっているみたいですが、

だからって日光を浴びてもいいってことにはなりません。

女性である以上、病気のためだけじゃなく、(一応)美容のためにも

ちゃんとケアしようっと。

2006年5月23日 (火)

本日、透析日

「じゃあ、刺します。」

「…はい。」

…痛い(T-T)。毎度のことながら、痛い。

何せ、手の甲に太い針を刺す訳だから、痛くないワケがない。

私のシャントは作った当初から勢いが弱く、

さらに指先の方に流れがいっているらしいです。

おかげで手の甲の血管が太く浮き出てきてしまいました(泣)。

当然ここに針を刺すと、しばらくは破裂しそうな勢いで

血管がドクンドクン脈を打っています。もちろん痛みは倍増。

週1回とは言え、結構な苦痛-(; ; )-

何か、もう少し痛みが和らぐ方法ないかなぁ…

2006年5月21日 (日)

ブログ、はじめました

私も始めてみちゃいました、ブログってやつを…(笑)。

何か、ちょっと有名人になった気分…?0(^ ^;)0。

腎臓が悪くなって15年。とうとう透析を始めなければならなくなりました。

「ああ、とうとうきちゃったか…」

かなりへこんだし、導入するまではかなり主治医にも抵抗したけど、

導入して1年。今は、割り切ったと言うか開き直ったと言うか…。

そう、まだまだ透析に関しては若葉マークの初心者。だけど、

腎臓病患者としては、一応ベテランの域に達してるでしょ(笑)?

…ってな訳で、私も他の人のまねをして(?)、ブログ、はじめちゃいました。

腎臓に関することはもちろんのこと、その他にも、いろんなことを

書いていこうかな…なんて思ったりして。

トップページ | 2006年6月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ